パンヤ仲良しブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS GDB ボンピン装着〜

<<   作成日時 : 2006/08/05 21:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

いやぁ、暑い毎日が続いてますね。いかがお過ごしでしょうか?
夏バテどころか、食欲が増してるみのるです。
(このままじゃリバ・・・・

今日この車内の外気温計を見ると、「39℃」表示が・・・
そりゃあ暑いわけだ(^^;

その中、カーボンボンネットの高速での浮き上がりを防止するためにボンピンをつけましたよ〜
いやぁ、汗だくです。
今日二回もシャワー浴びちゃいました。

以下は作業風景です。

画像

このボンピンを使いました。
ヤフオクで入手。

画像


GDBは純正のゴムの辺りが狭くて手が入らないので、ヘッドライトを外してからの作業がオススメです。(右側は無理やりやりましたが、左側も無理やりやろうとしてナットを無くしてしまった)

画像


とりあえず、立てた状態で固定です。
大体450mmぐらいでしょうか。

画像


その状態で軽くボンネットを閉めてけがき線を入れ、ドリルで穴を開けていきます。

画像


先端が出てきましたね。先端が出てきたらボンネットを開け閉めし干渉しないかどうか確認します。
干渉する場合はそこをヤスリ等で削り取り、干渉しないようにしましょう。

そこまで確認が出来たら、次はボンネット上部につけるボンピンのキャッチ部の取り付けです。
方向等をある程度決めたらキャッチ部とボンネットの合わさるところに接着剤を塗ります。(接着剤は耐水および耐熱があるものを使用してください。アクリル系ではなくエポキシ系がオススメです。)
なぜ、そこに接着剤を塗るかと言うとこの部分に塗ることでネジ・リベット部にかかる振動を抑制することが出来ネジの頭とびなどを抑えれます。
なのでくっついてりゃいいと言い切っちゃえますw

画像


あ、カメラのレンズキャップも一緒に写ってますがキニシナイ

あとは、3箇所木ネジで固定すれば終了。
ってコレでいいのか疑問です。
まぁ、自分の場合は純正キャッチつけてるし問題ないでしょうってことで・・・

画像


あ、言い忘れましたがカーボンを削るときは出来るだけ電装系をカバーしたほうがいいかもしれません。ものすごく電気流しますからww
自分みたいに安物カーボンボンネットの場合はカーボンの使用量が少なくて問題がないと思いますが・・・
高級品で剛性が高いものは注意が必要です。あと工具にも注意。

今回使用した工具
・ステップ型ドリル(4mm〜12mm)
・接着剤(スーパーX 耐水・熱 クリア 瞬間硬化型)
・17mmレンチx2本
・ホワイトマジック(位置決め用)
・定規
・電動ドリル&ドライバー
・#1ドライバーピット
・マイナスドライバー(ライト外し→クリップ外しでも代用可)
・何mmか忘れたけどスパナ(ライトはずし用)
・ダイヤモンドヤスリ
・パイプカッター(邪道→ボルト切断用(アルミだからいけますw)
・C型クランプ(バイスだとなおよし)

参考にはならないかもしれませんが、両方で2時間半ぐらいです。
付属のボルトのピッチが特殊っぽいので、ナットをなくすと涙物です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GDB ボンピン装着〜 パンヤ仲良しブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる